歯石除去に行ったら大変な目に

丈夫な歯

昔から歯だけは丈夫でした。虫歯になったこともなく、とくに歯のトラブルもありませんでした。歯磨きは1日3回、寝る前は歯間ブラシで掃除。そんな状況だったので、20年近く歯医者に行っていませんでした。そんなとき、テレビでどんなにきれいに磨いていても、歯よりも歯茎が駄目になるから定期的に歯医者に行くのが大事と医師がしゃべっているのを聞いて、急に不安になり早速近所の歯医者を予約しました。歯医者は久しぶりであること、歯石除去をしたいということを伝えました。まずは歯のチェック。虫歯はないし、よく磨けているが、奥歯の親不知が気になると言われ、急遽レントゲンをとることになりました。レントゲン結果は両奥歯の歯はきれいに横向きに生えていました。初めて見る歯のレントゲン。

歯への衝撃

横向きの歯に衝撃を受けました。先生は親不知の前の歯が虫歯になりやすいので親不知は抜きましょうと言いました。ええ!と思いましたが、久しぶりの歯医者。衝撃的な横向きの歯。抜かなくては!と思い、翌日に抜く予約をして帰りました。歯石除去に行っただけなのに大変なことになってしまった、、。翌日、緊張しながら歯医者に迎いました。先生からまさかのついでだから上の親不知も抜きましょうとのこと。上はちゃんと生えていましたが、逆らえる知識もなく、そのまま右の二本を抜かれました。麻酔がきれてから痛いの何の、頬は腫れてひどい状態でした。1ヶ月後に左側の抜歯の予約をして帰りましたが、あまりの痛さに左側の歯は今もあります。予約をキャンセルして、歯はそのままですが、虫歯にもならず、今も特にトラブルはありません。

歯の劣化

加齢によってどうしても避けて通れないのが加齢による肌の劣化というのがあります。しかもある日急に自分でも肌が昔と違って劣化したと感じる事もあります。その事がショックで私も肌をなんとか綺麗にできないかと思てやったのが美容クリニックでできるヒアルロン酸注入でした。なぜなら、ヒアルロン酸注入なら前から肌を若返らせる方法として知ったいたのでアンチエイジングをやるなら美容クリニックに行ってヒアルロン酸注入をやるのが一番良いと思っていました。というよりもこれ以外に他に何があるかというくらいの思いでした。なので、私が真剣に肌の劣化悩むようになってからは割とすぐにヒアルロン酸注入をやる事にしました。それで実際に美容クリニックでヒアルロン酸を注入してもらって思ったのは思った以上に肌に張りが出てやってみて良かったと思いました。もし、これをやってなかったら肌の劣化がもっと進んで悲惨な状態になっていたと思います。ただ、最初はいくらヒアルロン酸注入が良いと思っていたとは言ってもそれでどれくらい効果があるかと思っていたのでどれだけ効果があるかと少し不安に思っていたのですが、実際にやってみると思った以上に肌に良い効果があったのは良かったです。
クリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ病院の教科書医療ラボクリニックナビ健康ナビクリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ